子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
祇園祭-2016-3
 さて、祇園祭のラスト


1:南観音山。今回のベストかも
祇園祭-2016-3-06
(α77Ⅱ,24-70ZA)

 今日は、オムニバスなので、コメント欄お休みとさせて頂きます
祇園祭-2016-2
 さて、祇園祭の2回目

********************** 「前祭・後祭」の説明 ***********************************

 1966年(昭和41年)に、合同にされた「前祭と後祭」=巡行は7/17の一回だけとなりましたが、
2014年から昔通りに復活し
 「前祭(さきまつり)」は、7/10頃から鉾立をして、17日に巡行。その後「神幸祭」
 「後祭(あとまつり)」は、7/18頃から鉾立をして、24日に巡行。その後「還幸祭」
と、なりました

参考:<ここクリック>
 この画像下部に、その年の山鉾の巡行順が出ています。
 (合同だった当時も、、「前祭」の山鉾の後に「後祭」の山鉾が巡行していました)

詳しくは、
 1(長刀鉾) ~ 23(船鉾) が、「前祭」の山鉾
24(北観音山)~32(南観音山)+前回掲載した、(復活された)「大船鉾」(33番:最後尾)を加えて 「後祭」
(この1,23,24,32,33番は「くじ取らず」で、いつもこの位置です。他にも「くじ取らず」の山鉾はあります)
で、総勢?33基の山鉾です
さらに、2018か2019年に、もっ一基復活して、34基になるそうです

********************** うんちく終わり ***********************************

 今回で向いたのは、「後祭」の方
 祇園祭と云えば、「山鉾」+「露店」=「人混み」+「暑い」、となる訳ですが

1:「後祭」には、「露店」はでません
祇園祭-2016-2-01

 また、四条通りも、烏丸通りも、歩行者天国になりません

 じゃ、どの程度なの?、は、続くに
祇園祭-2016-1
 子供が小さい頃は、毎年のように出向いていた「祇園祭」
 (子供が)そこそこの年になってからは行かなくなったが
 今年、なんと8年ぶりに出向きました(笑)

 今回は、2014年から昔通りに復活した(「前祭・後祭」)の「後祭」の方に出向きました。(詳しくは次回にでも)

 まずは、「後祭」復活時、同時に復活された


1:大船鉾
祇園祭-2016-1-01
 って、提灯だけ(笑)
 
祇園祭-2008-5(番外編)
 しつこく祇園祭-2008。
 (1回、2時間強の撮影で、5回に分けてアップとは、ちょっとおいしい:爆)

 で、今日は番外編。

1:烏丸御池付近から京都駅方向を望む
烏丸通
 歩天のおかげ。日頃は撮れないカットです。
 右は「鈴鹿山」。かすかに「孟宗山」が写っています(京都タワーの下)


2:警備の様子
警備
 今年の警備はきつかったというかスゴかったです
 道路を警備車両で完全閉鎖。バリケード状態


3:つわもの(笑)
つわもの
 濡れている路上にバッグを置いたとはゆえ、その上でレンズ交換の強者。これでは、濡れは防げても、白レンズ蹴られますわよ(笑)
 ライブビュー隠し撮りでした(笑)


4:菊水鉾の階段→今年で終わりです
菊水鉾最後のはしご
 来年からは、鉾の場所を15m程ずれて、新築されるマンションの2F通路(ベランダ?)から橋をかけて乗るようになるらしいです。この発表は15日。良く撮っておいたものです(笑)
 以前、子供の手を引きながら、このハシゴ上がったことありますが、確かに、子供連れで、このハシゴの上り下り、特に下りは怖かった



5:在原業平邸跡
在原業平邸跡
 祇園祭と関係ないですが、烏丸御池付近に、こんな碑がありました
 「在原業平」→判りますかぁ?(笑)


 これにて、祇園祭-2008(鉾の部)、終了です

 長々とご覧頂き、ありがとうございました。

 コメント欄お休みさせて頂きます


祇園祭-2008-4
 さて、しつこく、祇園祭-2008の4回目。いよいよ日没後となりました

今日はこの順路で
地図-3

*** 祇園祭ウンチク-1 ***
 昭和41年(1966年)までは、巡行は2回行われていました

 まずは、17日の巡行。元々は前祭とイイ、↑の巡行順の「長刀鉾~船鉾」まで。
 今日アップの「北観音山~鈴鹿山」や第二回アップの「黒主山~南観音山」のグループは、後祭と云って、7月24日に巡行していました。(かすかに、それを見た記憶があります・・)。

 で、17日の巡行が終わった夜に、八坂神社から御旅所へ御神輿がでます。→「神幸祭神輿渡御」
 また、24日の後祭の巡行後に、御神輿が御旅所から八坂神社に戻られる→「還幸祭」
 と、それぞれ繋がっています。

 この40~50年ころは、祇園祭の存続が危ぶまれていたとき。地元民がいなくなり(中心部ゆえ、ビルが建ち、企業が入ってくる。夜間人口というか住民ゼロの鉾町があちこちに・・・)
 で、巡行が一回になったと記憶しています

 また、「規模の小さい後祭」、24日の巡行==>「後の祭り」の語源とも云われたそうですが、間違いです
*********************

 そんな、後祭の主役たちです。
 (室町通りから新町通に移って)

1:北観音山(くじ取らず、後祭の先頭)
北観音山-1

2:北観音山(α-350,ライブビュー撮り)
北観音山-2

3:八幡山
八幡山-1
 バレバレのスロー・シンクロ(笑)

4:八幡山
八幡山-2


 室町通りに戻り

5:役行者山(えんのぎょうじやま)
役行者山-1
 これもバレバレ(笑)


6:役行者山のご神体
役行者山-3

7:役行者山の懸衣
役行者山-5

*** 祇園祭ウンチク-2 ***
  山鉾、4面しかないのに、各鉾町、懸衣はたくさん持っています。
 まっ、歴史を表すですが、どういう使い分けをするかというと、巡行の日の天気にかかっているそうです。
 今年みたいに雨の心配のない日は、第一級(晴天用)懸衣で。(と、云っても各山鉾には急な雨ように、ビニルシートは積んでいる筈です)
 で、雨の日の巡行には、雨天用の懸衣をセットするとか・・・

 また、昔は巡行の17日が雨なら、雨天順延で18日の巡行もあったのですが、最近は雨天決行になっています。
 理由は、曳き手確保(学生バイトもいます)のためとか、観光客対策(旅行社のセット・プランからのクレーム)とか、諸説あります。

*********************

8:役行者山
役行者山-2
 ほぼ北端なので、空いています


 烏丸通りに戻って

9:鈴鹿山
鈴鹿山-2

10:鈴鹿山
鈴鹿山-1

 やはり、完全に日が暮れてからの方が、絵になりますね。

 祇園祭2008も終わり(かなぁ)→番外編を用意しちゃいました(笑)

祇園祭-2008-3
 山鉾の巡行も無事終了しました。

 今年は、各山鉾の体重測定が初めてなされました。
 (各鉾は巡行用懸装され、40人ほど乗った)、長刀鉾は11.1t、月鉾は11.88t(最重量)あったそうです。
 昔から、11t~12tと云われていたのが証明された感じです。
 反対に、山は殆ど1tに満たないようで、特に今日ご紹介の「占出山」は最軽量で、510kg。
 純粋な山の最重量は、昨日ご紹介の「蟷螂山」で、1.22tあったそうです(からくりが重い?)
 (除く、北・南観音山=>9t超=>殆ど鉾の様相です)
 やはり、鉾はそれなりの重量が(笑)


 また、16日・宵山の人出は、44万人だったそうです。
 14,15日が雨にたたられたので、宵山は一気に60万人かな、と、思ったりでしたが、やはり平日と云うこともあったようです。
 と、言えど、14,15,16日の3日間+(17日)巡行で100万人超の見物客。やはりスゴイ!!

******************************************************************

 さて、祇園祭-2008、その3

 今日も順路をご説明しながら

 前回、四条通、「四条傘鉾」まで。今度は、四条通を東(八坂神社方向)へ向かいます。

 今日は、この経路。
 青色は、今回アップの経路
 緑色は、第一回のアップ済み。
 赤色は、第一回の鉾、四条通から撮影方向です
地図-2



1:郭巨山
郭巨山

 これからは、第一回掲載の「鉾」を撮りました。

 東端の「長刀鉾」まで来ると、幸い雨も小降りとなり、α-350+17-35Gも戦線復帰
 日も暮れてきたので、これからが見所。


2:四条烏丸より西を(α-350を持ち上げて、ライブビュー撮り)
四条通-2 手前から「函谷鉾」・「月鉾」・「郭巨山」・「四条傘鉾」
 新聞・TVで良く報道される場所です


 で、(北行一方通行)、室町通に戻り、北上!。第一回掲載の菊水鉾を通り、錦通へ。ちょっと東に入って

3:占出山(最軽量)
占出山-1
 名物「吉兆のあゆ」、今年は買いませんでした(笑)


4:占出山(α-350を持ち上げて、ライブビュー撮り)
占出山-2

 さらに東へ=>一旦烏丸通り戻って、少し南

5:孟宗山
孟宗山-1
 今年の巡行順、山一番。長刀鉾の直後を巡行していました


6:ピンぼけですが、惜しいので・・・
孟宗山-2
 山鉾町には、このような路地が多くあります
 まっ山鉾を保存しておく場所ですが、祭り中は


7:孟宗山のご神体
孟宗山-3
 路地の奥に「ご神体や懸装(けそう)」が展示されています
 17日、巡行の日には、全ての山で、このご神体を乗せて、懸装が施され、巡行します。
 この懸装の歴史的価値が高く、動く美術館と云われる所以です


 で、錦通経由で室町通に戻ると、このありさま

8:室町通(α-350を持ち上げて、ライブビュー撮り)
室町通り
 いよいよ「祇園祭」と云う風情に(笑)

 北進して

9:山伏山
山伏山-1
 ひそかにスローシンクロ(笑)

10:山伏山のご神体
山伏山-2
 路地のない鉾町では、このように2階に「ご神体」。一階には「懸装」が展示されています


 まだ続きます。(適当にスルー下さい)

 次回は日没後の風情を。

祇園祭-2008-2
 今日は巡行の日。地元KBS京都TVでは8:30から生放送されます。当然DVDレコーダー回っています(笑)

******************************************************

 さて、祇園祭-2008の2回目。

 今年の課題、「"32ある山・鉾"の"四条通よりの北"の山・鉾"全部(20)"+αを納めようじゃないの」
で、鉾は一気に昨日アップ完了。
 今日は、山鉾の「山」の前半?(かなぁ:笑)です。

 今年は、初めて車で行き、 烏丸御池付近に車を止めた関係で、祇園祭の北端、「烏丸御池」から入りました。


 この経路で巡ります。(祭りのあちこちで配ってくれる地図をスキャナーしました:笑)
 クリック頂いて、別画面でこの地図を参照頂きながら、以下の写真ご覧頂くと、位置関係がわかりやすい かも
地図-1


 まずは、先だって予告に使った「鈴鹿山」をみて、烏丸(通)三条(通)から西へ (烏丸通から室町通に向かいます)
 雨天、傘を差しながらとは云え、今日も下手くそな紹介写真ばっかり。ご了承下さいm(__)m


1:黒主山
黒主山


 室町(通)六角(通)で東に寄り道

2:浄妙山
浄妙山
 いつぞやもこんな撮り方したなぁ(笑)

 室町通に戻って、また南下

3:鯉山
鯉山-1


4:鯉山-2
鯉山-2
 例年、この辺りは、比較的空いています。

 さらに下って、室町(通)蛸薬師(たこやくし)(通)で、また東に寄り道

5:橋弁慶山
橋弁慶山-1


6:橋弁慶山
橋弁慶山-2
 義経と弁慶。今年も撮りました(笑)


 で、また室町通に戻って、南下しようとしたら、すでに警備の制限が・・
 「室町通、北行一方通行」との事・・・

 では、室町通をあとに、(一筋西の)新町通へと。
 ここも、「北行一方通行」制限(直前)でしたが、どさくさに紛れて、南下(笑)

7:南観音山
南観音山
 ここも去年masaさん、ご一緒頂きました

 とうとう新町通も、錦(にしき)通で、、「北行一方通行」制限
 「まっ、(残る)放下鉾なら、(あとで)四条通からでも撮れる」と、
 もう一筋西の「西洞院(にしのとういん)通」へ 

8:蟷螂山
蟷螂山-1


9:蟷螂山の「からくり」
蟷螂山-2


 やっと四条通へ出て

10:四条傘鉾
四条綾傘鉾-1
 四条通の西端です。

11:四条傘鉾
四条綾傘鉾-2


 これにて、行程の1/3終了

12:四条通、見物客の雨傘で一杯。(東・八坂神社方向を望む)
四条通-1
 手前から「郭巨山(かっきょやま)」・「月鉾」・「函谷鉾」、かすかに真木だけ見えるのが「長刀鉾」

 去年までの写真と比べて、シャープさが勝っているような・・・
 24-70ZAの威力?、それとも700のASの威力でしょうか?(笑)


 まだまだ続きますので、適当にスルー下さい。
祇園祭-2008-1
 意を決して、「祇園祭」に突撃してきました(笑)
 到着が少々早く、18時前。しかも、到着と同時に「雨」→最悪~~~! 
 
 でも、めげずに「α-700+24-70ZA」で。
 (α-350+αは、しっかり蓋をしたバッグの中:涙)

 で、雨なので座れるところ(粘れるところ)も無いを、逆手にとって、
 じゃ「"32ある山・鉾"の"四条通よりの北"の山・鉾、"全部(20)"+αを納めようじゃないの」と、ひたすら歩いて(笑)
 詳しいmapはここ(クリック)

**** ウンチク ****
 鉾と山の違いは、20mとも云われる、「真木」の有無で区別できますが、「船鉾」だけは、真木はありません。
 反対に、綾傘鉾のように「鉾」と命名されている「山」もあります。(オイオイ:笑)
 詳しくは、ココ(クリック)
*****************
 
 今日は7つある鉾のうち、6つをご紹介。(7つめの「船鉾」は、四条通から見えません)
 (雨の中(言い訳:笑)、下手な写真で、観光案内にもなりませんが・・・)


1:長刀鉾(巡行の先頭を行きます。唯一、烏丸通りより東にある鉾です)
長刀鉾-1


2:各鉾には、長ーい、真木の上に各鉾を表す「鉾頭」があります。これは長刀。
長刀鉾-2
 この長刀の刃は、東にある、「八坂神社」の方向には向けません。
 17日の巡行までは、南を向いて、巡行の際、"四条河原町"と"河原町御池"で鉾の進行方向が変わるのですが、この刃は、鉾の内部から回転できるようになっていて、決して、「八坂神社」には向けません。

3:コンコン・チキチンが始まりました
長刀鉾-3


4:函谷鉾(巡行の順は、くじ取らず。5番目を巡行します)
函谷鉾


5:菊水鉾
菊水鉾


6:鶏鉾(四条通より南です)
鶏鉾


7:月鉾
月鉾-1


8:月鉾
月鉾-2
 この月鉾の提灯には「月」と書いてあるので、よく判ります

9:放下鉾
放下鉾
 去年masaさんにご一緒頂きました(クリック)

 

 あと、ひとつは「船鉾」。一昨年撮った画像は「ここ」の4,5(クリック)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*