子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
アングル・ファインダー
 前回の掲載で「アングル・ファインダー」の事をチョット書いたので
久々に取り出してきました


1:「アングル・ファインダー」(MINOLTA製)
アングル・ファインダー02
 「2x」とあるのは、レバー切替で、(光学的にファインダー内を)拡大して見る事ができる機能です
 これも、今や(本体の)「ピント拡大機能」で、不要なのですが・・・

(私の)記憶媒体の変遷
 デジカメの記憶媒体、今や一眼までSDカードが主流になってきましたが

1:CFカード
CFカード
 1GBでスタートして8GBまで、使ってました。
 

 週末につきコメント欄お休みします。
やっちゃいました!
 さて、この箱の中身は・・・

1:
70-200Gフード-1


続くには、悲惨な画像が・・・ 
(閲覧注意:笑)
Ducati(UDMA)の実力-1
 さて、Ducatiの実力と云うか、45MB/sec・UDMA対応を、早速実験

 雑誌等では、よくレンズキャップをした状態で(真っ黒を撮る)連写性能が使われていますが、それでは面白くない 

1:実写=4,318KB
Ducati
 jpgで1枚4MB強なら問題ないだろうと、実験開始。と、云っても写真はなく結果だけ

 [結果]=α-700の「cRAW+jpg」の連続撮影可能枚数の公称値は12枚。さて・・・
1:旧Extreme Ⅲ(20MB/秒・133倍速)=11枚→1枚足りない・・・
2:Ducati=(45MB/秒・300倍速)=14~15枚(判断しにくい・・・)
3:さらに、バッファ・フルから完了までの時間が全然違います

 と、効果大でした


 明日は雨の予報。引き続き実験君かな・・・


 お粗末様
サンディスクのCFカード
 知らなかったのは、私だけかな?(笑)。先日、販売店で聞いた話。
 と、云うのも、(何も知らず)「これ(Ducati/4G)、いくら(になる)?」と、(買う気も無いのに)聞いたところ、思わぬ回答が・・
=Extreme Ⅳの価格以下の提示が・・・(ワオー)。

***************************************************************

 サンディスクのCFカード、名前は同じで性能はアップする(している)ようですね。

[従来:]
Extreme Ⅲ=(20MB/秒・133倍速)、Extreme Ⅳ=(40MB/秒・266倍速)、Ducati=(45MB/秒・300倍速)
 だったと記憶しているのですが

[現在:]
Extreme Ⅲ=(30MB/秒・200倍速)、Extreme Ⅳ=(45MB/秒・300倍速)、Ducati=廃盤かも?
 と、なる(なった)そうです。

***************************************************************

 で、衝動買い(笑)

1:Ducati 4GB。(新Extreme Ⅳと同じ45MB/秒です)
Ducati-1
 在庫処分かも?


2:中身。本体とケース。あとレスキュー用CD(12cm、CDです)
Ducati-2
 残念なのは携帯用半透明の樹脂ケースは付いていませんでした
 私にとって初めてのUDMA対応カードかな

 ならばUDMAの効果を、α-700で実験かなぁ(笑)


[注記]

3:8月に買ったExtreme Ⅲ・2GB
 →新型だったようですが、2GBモデルは20MB/秒(133倍速)だそうです
エクストリームⅢ-2GB-1
 当時は、Extreme Ⅲ=(20MB/秒・133倍速)と、思い込んでいたので・・
 まっ、α-350用(2.5コマ/秒)なので、これでOK?。


 お粗末様。
サン・ディスク、エクストリームⅢ(2GB)
 今更ですが、初めて"2GB"のCFをゲットしました。今や4GBがアタリマエ、8~32GBもと云う時代なのに(笑)
 さらに、今時「エクストリームⅢ(133倍速)もないよな」と思いつつ・・・(爆)

 前PCは、CD-Rにしか対応していなかったこともあり、今も1GBを数枚使っていますが、α-350(1400万画素)を"cRAW+jpg"で撮ると、37枚+α。
 これはこれでフィルム一本の感覚でよかったり(古い人間です:笑)。

 また、使えるCFあるのに、お蔵入りも勿体ないし・・・、と云いながら、PCも更新したことだし、
α-700は、CF(1GB)+MS(1GB)=2GBなので、350も2GBにアップかなぁ(笑)

 とにかく、デジタル機器の日進月歩というか、価格推移はすごいもの。2GBで、お値段6,000円切っていました。
 7D発売後の2005年前半、1GBが18,000円位だったのですが・・・

1:サン・ディスク、エクストリームⅢ(2GB)
エクストリームⅢ-2GB-1

2:デザインとケースがモデルチェンジをしていました(パッケージも)
エクストリームⅢ-2GB-2


3:中身(同封)は同じ
エクストリームⅢ-2GB-3


 みなさんも、たくさんのCFお持ちなのでしょうね(笑)


 私的に、(700も350もUDMA対応しているのに)、大容量でUDMA対応(Extreme IV、Ducati)はα-900(仮称:フルサイズなのでα-9 Digitalだったり・・・:笑)が出てからかな。
 2400万画素を"RAW+jpg"で撮ると、1枚47MBくらい?
 4GBで80数枚かな?

 いつ出るのだろう?が今日のオチです(笑)


 お粗末様。適当にスルー下さい

New ZEISS(笑)
 今日はうるう日ですね。1年は、正確に言うと約365.2422日らしいです。
 でも、0.2422X4年なら、誤差が出ますよね。で、400年に3日、うるう日が無いそうです。
 (西暦で、4で割り切れる→閏年、100で割り切れる→閏年でない、100で割り切れても400でも割り切れる→閏年)
 そうそう、2月29日生まれの年齢の数え方ですが、「2月28日が満了した、次の日」と云う規定があるそうです。と、云うか、歳をとるのは、「(誕生日の)前日が満了した後」と云う規定らしいです。
 ですので、何時に生まれていようが、0時に年をとるのだそうです

 と、そう言うこととは全く関係なく

****************************************************************

 New ZEISSが仲間入り(笑)

 さて?

1:良いケースでしょう。「 α 」のロゴも入っているし(笑)
ZEISS-1
 このケースだけでも、嬉しかったり(爆)
(色:ちょっと青っぽすぎ:汗)



2:やはり、ZEISSにはZEISS
ZEISS-2


3:SONYへお布施かな?
ZEISS-4

4:と、云っても、ケンコーのL41と価格変わりませんよ。 オマケに厚みも(笑)
ZEISS-3
 

5:でも・・・。なぜ、保証書が?
ZEISS-5

どんな保証をしてくれるのだろう。非常に疑問(笑)


 通常の使用でキズが入ったら、修理? 通常の使用では、キズは入らないし・・・
 コーティングが剥がれたら、かなぁ?←ZEISSだろう!!

ベローズ
 昨日の正解は、コレ

 ベローズ

 でした。


 皆さん、正解。パチ・パチ・パチ!!


 今でもそうですが、等倍以上を撮ろうとすると
 リバース・リングか、コレしかないです物ね
 等倍のマクロレンズは持ってないのに、
 何故かベローズがありました(笑)


1:こんなのです
1

 でかいでしょう!!
 この三脚でカメラを下に向けると、倒れちゃいます(笑)


2:こんな感じで!
2
 倍率・ピント合わせは、レールが付いているので、楽です
 と、云っても超マクロ、薄いです



3:ファインダー写真でスミマセン
3

 こんな感じに見えます。絞込測光でTTLは可能です



 蛇腹のレールが外せれば、アオリ?も可能なのに、ちょっと残念(笑)


<<5/7,23時追加画像です>>

4:ベローズによる"最高倍率"(撮影:Xt)
最高倍率

 ベローズを最高倍率にして、"SR-T101"のファインダーを"Dimage Xt"で撮りました
 長辺の実測12mmですので、ちょうど3倍ですね


5:100macroにクローズアップ・フィルター(x2)をセット(撮影:7D)
x2
 18mm弱ですので、ほとんど2倍ですね

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*