子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2017 SR-T101 all rights reserved.
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
鷹峯-2017-3
 鷹峯-2017、最終回

 今回は、クローズアップと云うか、下を向いて(笑)

1:これは、"やらせ"です。 キレイな落ち葉をちょっと置かせて貰いました。(正直ですよ:笑)
吟松寺-2017-3-01
 これは、RAWです。何とか苔の色が出ました?=>ちょっと派手な色になっちゃたかな?

 今回は、写真下段に、RAW,JPGの区別とコメントを入れています
鷹峯-2017-2
 さて、鷹峯-2017、と云うか、吟松寺-2017の2回目


1:吟松寺と云えば、(私的)「定番場所」
吟松寺-2017-2-01
 やはり、落ち葉には早かった(笑)

 過去のこのシーンは、この時(2枚目)がベスとかな(クリック)とか、ココ(クリック)とか、ココの5枚目(クリック)とか、ココの6枚目(クリック)
って、いつも撮っている=だから定番場所か・・・(笑)
鷹峯-2017-1
 2014年「そうだ京都行こう」「源光庵」が紹介されて(そのときの様子:クリック)
あまりの人の多さに、2015,2016年と、実家には行っても、撮りには行きませんでした=京都・鷹峯

 今年は、久々に、ちょっとだけ撮ってきました。って、「吟松寺」ですが・・・(笑)。
 ("光悦寺・源光庵・常照寺"は、人一杯で退避:笑)。

1:吟松寺
吟松寺-2017-01

 今年は、紅葉が早く、ちょうどイイくらいだったかなぁ・・・

 ココでの撮影、北山杉に囲まれた谷間で、普段からホワイトバランスが難しく、
かつ、今回は曇り空だった事もあり、RAW+JPG撮りをしました(現像が大変:笑)

菜園2017-秋-1
 今回は菜園=2017-秋
 菊栽培以外も、一応やっています(笑)

 今年の10月は2回の台風やら雨の日が多く、日照不足気味
さらに、やや低温気味だったのか、葉物野菜の生育が今ひとつ


1:9月末に蒔いた"菊菜(春菊)"。 例年なら、食べ頃になっている筈なんですが・・・
菜園2017-秋-6
 8月末に蒔いたのは、順調に生育して、既にしっかり食しました(ウマカッタ:笑)

菊-2017-4
 またまた、"菊"ネタm(_)m
 今年3月からの手間暇の集大成時期

 やっとこの土日で、"花台"付け、完了しました
"花台"=去年は20ヶで足ったのですが、今年は全く不足。
      最終的に、30ヶ買い足し、計50ヶ
      (そりゃ、日没後も作業必要だわ:笑)

で、鉢の数を数えたら、大菊だけで、15-16鉢
1鉢3ヶ使用で、45ヶ使った事に・・・=おかげで、玄関先は菊だらけ(笑)

1:変わった撮り方・・・
菊-2017-4-01
 これ本当に背が高い(170cm位)です。(6000,16-50mm)
こんなのゲット(笑)
 すっかり日没が早くなって、("ピンポン・ダッシュ(笑)"で)、帰宅しても、既に真っ暗
庭・花の水やりさえも、"懐中電灯"が必須の今日この頃。 

 "菜園+菊"の手入れに、土日だけでは、時間が足りず、
何とか平日(日没後でも作業)出来ないかなぁ、と、思っていた矢先


1:こんなのゲット(笑)。(モデル:"白くまくん"2017年バージョン)
ヘッドライト-02
 富士山にチャレンジしようなんて、決して思っていませんよ(爆)


(撮影:α-6000、E PZ 16-50mm)
菊-2017-3
 春先に挿し芽して育ててきた"菊"
 いよいよ咲いてきました


1:「白・厚物」
菊-2017-3-02
 これ、背が高くなりすぎて(170cm位)、脚立に乗ってパチリ(笑)

 この「白・厚物」、2鉢あって、先だっての2回続けての台風の度に玄関内に避難したのですが
 2回とも、一鉢の一輪ずつを、置き場の屋根にぶつけてポキリ(涙)=>台風の被害?
 でも、前回掲載の私の怪我と同じく、その場での「応急処置」で、何とか持ちこたえました(笑)

 続くには、今の様子を
孫と芋掘り
 今日は爺バカネタ

 今年の春に、「孫と一緒に芋掘り」を夢見て、初めて植えた「サツマイモ」(ココの6枚目)
 みごと?に育ち、この休み、一緒に芋掘りできました(ワーイ)

1:焼き芋にしてもらったら、「パクパク食してくれました」(はい爺バカ:笑)
イモ-2017-05

 また、「掘ったぞ~」の写真もありますが、掲載は無しで(笑)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*