子供と共に育ったαシステム
「子供の成長と一緒に育った」Minoltaシステム。 α-Digitalで、新たなる分野へ!! ご覧頂いて、コメント頂ければ幸いです。copyright © 2006-2016 SR-T101 all rights reserved.
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
石山寺-3
 梅林も撮ったし、そろそろ下山?しようかと、出口方向に向かうと

1:んっ、また「梅か?」
石山寺-桜-03

 と、思いつつ、近づくと

*************************************************************

 今日・明日と多忙に付き、コメント欄閉じとさせて頂きます
石山寺-2
 多宝塔をお参りして、さらに行くと
 (前回の地図=多宝塔から後ろの方へ)

1:やっと、梅林へ
石山寺-花-01

 あ~、(登山)しんどかった(笑)
石山寺-1
 近場なのに、行った事なかった「石山寺」(滋賀県瀬田川沿い)
 「桜・モミジ」の時が、オン・シーズンなのですが、「梅」もあると云う事で出向いてみました=(3連休の前週末)
 そうそう、紫式部が『源氏物語』の着想を得た場所と云われています

1:東大門
石山寺-01

  出発前に、冗談半分で、「石山=石の山かも」と云っていたのが、本当に・・・
 年寄りには、フィールド・アスレチック?でした(笑)

 で、「コレッ」と云う画も撮れなかったので、単なる観光案内?です
高度10,000mの・・・
1:「ブルー・インパルス」、な、訳ないか(笑)
飛行機雲-01
 旅客機、着陸時ならいざ知らず、水平飛行時でも、こんな距離で飛んでいる事もあるんですね。
 これでも、10kmは、離れているんだろうなぁ~?
今宮神社~大覚寺
 下の子と廻った冬の京都、筆者撮影分
 後半の「今宮神社~大覚寺」を


1:今宮神社=フルサイズ16mm、スマホに勝ったかな(笑)
今宮神社2017-02
 画角は勝っても、画としては負け(涙)
船岡山
 下の子と廻った冬の京都
 今回は、筆者撮影分で、「船岡山」をもう少し詳しく


1:地図(1200pix)
船岡山-77-01
 「野外(円形)演奏場」なんかもあるのです。(撮り損ねました:涙)

 今日はコメント欄、お休みさせて頂きます
下の子は名カメラマン-冬の京都-2(大覚寺)
 今宮神社をあとにして、次向かったのは


1:(嵯峨野)大覚寺
大覚寺-010
(場所はココ:地図リンク)

 大覚寺の場所は、広く云えば、嵐山(の一帯)なのですが、渡月橋等々からは、チョット離れているので、
徒歩では厳しく、「嵐山花灯路」(クリック)の時も、結局行けずじまい

?0年振りでした
下の子は名カメラマン-冬の京都-1
 少しご無沙汰しました。
 やっと、多忙を超えました

**********************************************************************

 さて、「冬の京都、あっちこっち-第2弾」

 今シリーズは

「下の子は名カメラマン」


1:「建勲(けんくん)神社」(撮影:下の子)
建勲さん-010
主祭神は、「織田信長


 ここは、京都北区「船岡山」にあります。
 周辺には、「大徳寺・今宮神社・金閣寺」等々。  (地図:クリック) (周辺地図:クリック)
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
*